【滲出性中耳炎】お薬のおいしい飲み合わせ。

blue medicine pills on heart shape

 

4か月ぶりの耳鼻科

 

先日、息子の耳鼻科診察が
ありました。

 

昨年、チューブ周辺の炎症が
治まらないために
両耳とも鼓膜チューブを抜去し
経過観察中でして、
約4か月ぶりの診察だったのですが。

 

いまだに中耳炎が治っておらず。。

粉ぐすりを処方されました。

 

しばらくお薬を飲んでも
炎症が治まらなければ
夏にまたチュービング手術です。。

それはなんとしてでも
避けたいところ!

 

 

カルボシステインとクラリシッド・ドライシロップ



以下の2種類の粉薬。

カルボシステインとクラリシッドドライシロップ

中耳炎がひどいときには、
度々こちらを処方して
いただくことが多いです。

  

同時に処方され
飲ませることが多い
この2種類の粉薬。

 

親としても薬を飲ませるのは一苦労。

ましてや、現在2歳の息子は
薬を察して、逃げる逃げる。

さっさと混ぜて一緒に
飲ませてしまいたいところですが…
こちらの2つ混ぜることで苦みが
強くなってしまうのですよ。

なので、別々に飲ませます。

  

抗生物質はチョコレートアイスで飲んでもらう

 

ちなみに息子は
オレンジジュースが大好きなのですが
このクラリシッド・ドライシロップは
苦みを防ぐコーティングがされているため
オレンジジュースやポカリなどの
酸性飲料と飲むことを避けるよう
注意がなされているお薬なんですよね。

 

そこで、わが家の場合は…

 


チョコレートアイス
混ぜてしまうことで
苦みを感じさせず、
嫌がらずにお薬を飲んで
もらえるようにしています。

 

今回、14日分の
粉薬を処方されたのですが、
大人であっても毎日
朝昼晩とお薬を飲み続けるのは
大変なものですよね。

 

それが子どもなら
なおさら嫌だと思うんです。

 

なので、少しでも
お薬の時間が楽しいものと
なるようにしています。

 

なによりお薬で手術を
避けられるのなら
ママも毎日頑張れる!!

  

 

2歳の子にもうチョコレートだなんて!
と思われるかもしれませんが、
しっかり歯磨きをしていますし、
なにより生後まもないときから
続いている通院と度重なる手術、入院。

 

治療や通院が辛いだけのものに
なってしまわないよう、
明るく楽しいものにしたいので
病院のときとお薬のときは
チョコレートOKにしています☺

 

おいしい飲み合わせ一覧

 

かかりつけ薬剤師さんに教わった
クラリシッド・ドライシロップの
おいしい飲み合わせを書きましたので
参考になりましたら幸いです🌼

お水お茶オレンジ
ジュース
りんご
ジュース
スポーツ
ドリンク
牛乳ヨーグルトバニラ
アイス
チョコ
アイス
プリン
クラリシッド・
ドライシロップ
××××

 

口蓋裂と滲出性中耳炎の治療は
長く続きますし、
通院が頻繁な時期には疲れてしまいますが、
手を抜けるところは手を抜きながら
無理せず付き合っていきましょう☺

  

それでは、今日も素敵な
一日となりますように🌷


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA