【口蓋裂】手術に向けて準備したもの。

baby bed blue blur

 

口蓋の役割

 

口蓋は、言葉を話すためや
食べ物を飲み込むために大切な部分です。

 

1歳を過ぎてくると、
「あー」「うー」や「まんまー」と
子どもが少しずつおしゃべりを始めます。

 

口蓋が正常な形になっていないと
鼻から空気が漏れてしまって、
口腔内の圧力を上げて発音する
言葉を出すことができません。

 

パ行やバ行などが難しいと
されています。

 

だから、「パパ」よりも
「ママ」と呼ぶかもしれません。

 

息子もときどき「パパ」のことも
「ママ」と呼んでいる時期が
ありました😅

 

その難しい音を出そうとして、
本来つかわない部分で音を出すことを
「構音障害」といわれます。

 

そのようなクセが出てしまう前に
手術をするのですが、先生によると
一般的には1歳~1歳半頃に行うことが
多いそうですよ。

 

息子は、1歳8か月のときに
手術をしました。

  

 

必要な検査

   

口蓋裂の手術の際は、
全身麻酔で行われます。

 

麻酔による問題がないかを
調べるために、

  • 血液検査
  • 尿検査
  • 胸部X線撮影
  • 心電図

などの検査をしました。

 

また、口蓋裂をもっている子どもは
中耳炎になりやすいですよね。

 

息子も滲出性中耳炎を患っているので
昨年(生後8か月のとき)に
鼓膜換気チューブ留置術の手術を
したのですが、
チューブに汚れが付着してきたため
今回はそのチューブを抜く手術も
同時に行いました。

 

なので、お子さんによっては
耳鼻科の診察と検査を受けることも
あるかと思います。

 

 

入院時に用意するもの

 

息子が入院、手術した病院では、
以下の持ち物を持参しました。

 

  • 紙おむつ
  • おしり拭き
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • バスタオル
  • ハンドタオル
  • 洗濯物を入れる袋
  • ベビーソープ
  • よだれかけ
  • おもちゃ
  • 衣類

 

手術当日はもちろん、
術後数日はお鼻やお口からの
出血が多いです。

 

タオルは大小それぞれ常時5枚は
ストックがあると安心です。

 

お子さんによって状態は
違うと思いますが、
わたしの息子は予想していた以上に
出血をしていたため、
自分の着替えも用意していました。

 

エプロンも持っていくと
汚れを気にせずお世話が
できるのでおすすめです☺

  

 

おうちで気をつけること

 

先生からの説明事項で
口蓋裂があるからといって
絶対に!というほど、
普段の生活で気をつけることは
とくにありませんでした。

ただ、口蓋裂の子どもは鼻まわりや
呼吸器などの気管が弱い傾向があるので、
感染症などを避けるため、入院前は
集団の場を避けるよう言われていました。

 

息子もそうなのですが、
口蓋裂の場合だと
お口の中の粘膜が薄かったり、
気管が細いために呼吸器にリスクが
及ぶことがあります。

 

息子は、鼻水と咳は出ていなかったものの
熱を出してしまい、呼吸器のリスクを
避けるために一度手術が延期になりました。

 

熱があると、当然麻酔を
つかうこともできないのです。

  

特に今年は、新型感染症が
流行していることもあり、
病院側もとても敏感ですし、
先生方も気を張っておられます。

 

そしてママが風邪をひいてしまっても
手術は中止になってしまう。

手術が終わってからしばらくの間、
1週間~2週間は入院生活が続きます。


その間、ママが体調を崩してしまうと
面会ができなくなってしまいます。

 

だからお子さんの体調管理は大切ですが、
ママも自分の体調管理を忘れないように
してくださいね☺

  

 

それでは、今日もお疲れ様です🌷

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA