【口蓋裂】おうちで実践しているトレーニング方法。

  

おしゃべりをするためには、

  • ことばの理解
  • 伝えたい意欲

がとても大切なのだそうです。

 

そして、

  1. おしゃべりをする⇒言語表出
  2. わかること   ⇒言語理解
  3. 伝えたい気持ち ⇒コミュニケーション意欲

この3つが育つことで、ことばの発達につながっていく。

 

そう言語聴覚士の先生から教えていただきました。

 

現在2歳6か月の息子は、3か月に1度くらいのペースで、言語聴覚士の先生のフォローを受けています。

 

最近取り組んでいるのが、聴覚弁別訓練

 

聴覚弁別訓練というのは、

子どもの目の前に絵が描かれているカードを並べて、言語聴覚士の先生が単語名を言い、子どもが正しいカードを選ぶ。

という訓練です。

 

おうちでも訓練を繰り返し復習することで、練習した音が定着しやすくなったり、訓練が円滑に進みやすくなったりするそうで。

おうちでも遊びながら、楽しんで「ことば」を覚えられそうなものを本屋さんで見つけてきました(^^♪

 

ひらがなカード

 

「ひらがな」と「絵」がセットで描かれていて、46枚入っています。

 

 

身近にあるものの名前と絵が描かれていて…

母 :「「しんごう」はどれかな~?」と聞くと、
息子:「「しんごう」あった!」
勢いよく楽しそうにカードを手に取ってくれます♩

 

 

 

口蓋裂の手術が終わった後に、言語聴覚士の先生との訓練が始まるかと思いますが…
ことばの明瞭度だったり、治療のスケジュールによって、個人差があるそうです。

息子の場合は、形成外科の先生から本格的な言語治療・発音訓練は4~5歳からと説明を受けました。

お子さんによって異なるそうですので、担当の先生たちに相談してみてくださいね(^^)

 

 

今年からプレ保育も始まって、「ことば」に関して気になることも増えてきましたが…

なによりもいまは楽しんで声を出したり、遊んでみたり、普段の生活で口や舌を使うことを意識して取り入れています。

 

はるママ

会話で誤り音があっても、一生懸命に話している「ことば」をよく聞いてあげて、まずはたくさん褒めています♩

 

それでは、今日もお疲れ様です🕊💐

 

 

\ ことば遊びにおすすめ /

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA